垣花グスク 南城市垣花 
 
お散歩マップはこちらから
 
グスク一覧に戻る
 
トップページに戻る
 
【場所】
沖縄県南城市玉城垣花21の民家の南側の樹林内。県道137号線の垣花バス停より50mほど南側左手に樹林があり、そこに垣花樋川の道標と垣花グスクの石碑がある。そこを左へ路地に入り、100mほど進むとグスクの入口がある。
 
【駐車場】
垣花樋川の駐車場に駐車し歩いて2分ほどである。
 
【遺構】
城跡は主郭と二の郭にわかれ、一部に石垣や石畳が残り、石垣が崩れた残骸が多数散らばっている。主郭には御嶽がある。
 
【歴史】
築城年代は明らかではないが、玉城グスクや糸数グスクと同年代の13〜14世紀と考えられている。
 
【景色】
海に近い高台にあるが、グスク全体が樹林に囲まれており、グスクの頂部から木の間を通して海が見える程度である。
 
【感想】
木々が生い茂り、石垣は崩れるに任せたグスクであるが、それが故に歴史を感じさせる。地元の方が整備してくれているのか、グスク内の道はきれいに刈り払いされており、比較的楽にグスク内を巡ることができるので、歴史が好きな方にはおすすめである。
 
垣花グスク周辺には、糸数グスク、玉城グスク知念グスク、安次富グスク、大川グスク、仲栄真グスク、船越グスク、ミントングスク大城グスク、佐敷グスク、ミーグスク、大里グスクと13ものグスクがあり、グスク巡りが楽しいところである。
 
 
石灰岩の小さな丘上にグスクがある。
 
 
 
一部に石畳の道が残っている。
 
 
 
グスクの頂部も樹林に覆われている。 
 
 
 
野面積みの石垣が残っている。
 
 
 
石垣の残骸とみられる石が散らばっている。 
 
 
 
お散歩マップはこちらから
 
沖縄本島のグスク一覧に戻る
 
沖縄本島の湧水一覧
 
沖縄本島の戦跡一覧
 
沖縄本島の展望台一覧
 
トップページに戻る

 
inserted by FC2 system